東京医科歯科大学技友会 Dental Technology Alumni Association, Tokyo Medical and Dental University
HOME
本会について
本会の活動
 ▶出版物リスト
 ▼技友会関連行事
  ・2019 特別講演会
  ・2019 90周年記念
  ○2019 学術講演会
  ・2018 学術講習会
  ・2017 学術講習会
  ・2017 学術講演会
  ・2016 学術講習会
  ・2016 学術講演会
  ・2015 学術講演会II
  ・2015 学術講演会I
  ・2014 学術講習会
  ・2014 学術講演会 II
  ・2014 学術講演会 I
  ・2014 閉校記念事業
  ・2014 修了式
  ・2013 学術講習会 II
  ・2013 学術講習会 I
  ・2013 お茶の水祭
  ・2013 学術講演会
  ・2013 修了式
  ・2012 学術講習会
  ・2012 お茶の水祭
  ・2012 学術講演会
  ・2012 卒業·修了式
  ・2011 臨床基礎特別実習
  ・2011 お茶の水祭
  ・2011 学士課程移行記念
  ・2011 特別座談会
  ・2011 伝達式
  ・2010 臨床基礎特別実習
  ・2010 お茶の水祭
  ・2010 学術講演会
  ・2010 卒業·修了式
  ・2010 文化講演会
  ・2009 お茶の水祭
  ・2009 学術講演会
  ・2009 80周年記念講演会
  ・2009 卒業·修了式
  ・2008 お茶の水祭
  ・2008 学術講演会
  ・2008 文化講演会
  ・2008 学術講習会
  ・2008 卒業·修了式
  ・2007 お茶の水祭
  ・2007 学術講演会
  ・2007 文化講演会
  ・2007 卒業·修了式
  ・2006 実技講習会
  ・2006 お茶の水祭
  ・2006 学術講演会
  ・2006 石綿先生退官記念
  ・2004 75周年記念大会
  ・1979 50周年記念行事
会員の活動
連絡先・所在地
注意事項

東京医科歯科大学公式サイト
口腔保健工学専攻公式サイト


歯科技工士学校閉校記念誌
歯科技工士学校
閉校記念誌
(2014.9.15)
技友第70号
会誌『技友』第70号
(2019.6.7)

HOME > 技友会関連行事 > 2019 学術講演会
◇ 技友会主催学術講演会
“閉塞性睡眠時無呼吸症 Obstructive Sleep Apnea の口腔内装置 Oral Appliance 療法”

 
○ 日 時:平成31年3月16日(土曜日)15:00〜16:30

○ 会 場:東京医科歯科大学 歯科棟南4階 歯学部特別講堂

○ 講 師:秀島 雅之
○ 講 師:東京医科歯大学歯学部附属病院 回復系診療科 快眠歯科(いびき無呼吸)外来 診療科長 講師

    ※ 会員以外の方でも参加できます。事前申込み・参加費とも不要です。



講  演  抄  録

 現在,我が国では約23万人が閉塞性睡眠時無呼吸症(Obstrutive Sleep Apnea:OSA)と診断され,医療機関にて受診中で,潜在患者数は200万人以上と推定されます.OSAは肥満,扁桃腺肥大,鼻疾患,舌肥大,小顎,顎の後退等が原因で,睡眠中に気道が閉塞し眠りが浅くなり,日中眠気や仕事の能率低下,車の運転事故等を誘発し,高血圧,心筋梗塞,脳血管障害,糖尿病等の生活習慣病を悪化させる現代病とも言えます.
 当快眠歯科外来は平成24年に発足し,医学部附属病院快眠センターと連携して, OSA症例の口腔内装置(oral appliance:OA)療法を担当しています.医科でのOSA治療は鼻マスクによる持続陽圧呼吸(Continuous Positive Airway Pressure; CPAP)療法が主流で,歯科にはCPAP療法の保険適用外の軽度なOSA症例が紹介され,OA療法を適用するのが一般的です.
 しかし,重度のOSAにもOAは有効な場合も多々あり,またCPAPでは息苦しく眠れない,鼻閉で使用できない,出張時に携帯できない等の理由で使用困難な場合も多く,近年は医科でもOA療法の有用性が認められつつあります.
 現在OSAに適用されるOAは多種多様で,上下顎一体型・分離型に大別される下顎前突型OAにおいても,その種類は千差万別で適用基準,作製・装着法,術後経過等,臨床医の把握困難な装置がほとんどです.
 筆者は長年の顎顔面欠損・欠損歯列症例等の補綴診療経験を生かし,OSA症例のOAデザイン,治療法等に工夫を凝らし,治療効果の高い,装着感に優れた処置法を実践中です.今回,その要点を供覧し,口腔内装置作製に造詣の深い皆様と,有意義な討論をできれば幸いです.

講師
秀島雅之(ヒデシマ・マサユキ)先生のご紹介
【略  歴】
昭和59年 東京医科歯科大学歯学部卒業
平成元年 同大学院歯学研究科修了,歯学部附属病院 顎口腔機能治療部助手,顎顔面補綴診療・研究に従事
平成11年 同大学院摂食機能構築学分野(部分床義歯補綴学分野)講師,部分床義歯等の補綴診療・研究に従事
平成21年 同大学医学部附属病院快眠センター講師併任
平成24年 本学歯学部附属病院 快眠歯科(いびき・無呼吸)外来 診療科長 現在に至る.睡眠時無呼吸症のOA療法,研究に従事.
【主たる活動,研究】
日本補綴歯科学会専門医,日本睡眠歯科学会・日本顎顔面補綴学会・日本磁気歯科学会理事,日本顎口腔機能学会評議員,キューバ・日本科学技術交流会理事
医科との連携による睡眠歯学診療・研究
チェアサイドの音声認識装置を用いた義歯装着者の発語機能評価
(東京医科歯科大学技友会 学術部)
▲ Top of Page
Copyright© Dental Technology Alumni Association, Tokyo Medical and Dental University. All Rights Reserved.